<< 「サントリーホールで遊ぼう!」 「デザイン あ」展 >>

「すまいがこどもにできること」展

新宿OZONEで開催されている「すまいがこどもにできること」展に行ってきました。
a0211315_028343.jpg
 
                                   画像お借りしました。

下記のことを踏まえた住空間の展示があったので、娘と体感してみました。

   「ギャラリー空間」思い出スペース
   「ハレの場・ケの場」
   「本棚・読書スペース」本を手に取らせる工夫
   「どこでも学習スペース」母親の生活動線上に確保されたこどもの勉強スペース
   「キッチン」キッチン学習の工夫
   「らくがきスペース」壁一面らくがきスペースがある
   「Multi Purposs Space」うちでもそとでもない中間領域
   「音の思い出」サウンドスケープ家族のけはいを音で感じられるスペース

娘は、らくがきスペースが気に入って、なかなか離れず。
そんなに楽しいなら作ってあげたくなりました。

子供時代を過ごした家の思い出は、その後の暮らしや人生の基盤となるそうです。
確かに、私も夫も、人の出入りが多い家で過したので、人を家に呼ぶのが好きだし、
みんなでわいわいするのが好きです。
娘もちょうど小学校入学なので、家の中も色々見直していきたいと思います。
[PR]
by kokoha-tesigoto | 2013-04-04 21:40 | おでかけ | Comments(0)
<< 「サントリーホールで遊ぼう!」 「デザイン あ」展 >>