<< ひるがの高原スキー場 X’masストッキング >>

すてきな地球儀

2013年のクリスマス。
娘にサンタさんから届いたプレゼントは地球儀でした。
a0211315_15483481.jpg
プレゼントは何がいいかな。と、考えていた11月末。
担任の先生がドイツに遠征に行かれることを知った娘は、世界地図を見てドイツを探したり、ドイツの国旗を調べたりしていました。
(娘からドイツのことを聞かれ、私が答えられたのは、ソーセージとビールが有名ということだけでした。汗)
その姿を見て、地球儀にしよう!とひらめきました。
しゃべる地球儀なども検討しましたが、ランドセルを購入した土屋鞄で見た、台座が白木でのキシルの地球儀に決めました。
クリスマスの朝、ラッピングを開けた娘は、少しがっかりしたような顔をしていました。
ちょっと夢がなかったかしら。と思いましたが、地球儀を見る面白さがじわじわと分かってきたようで、眺めている姿をよく見かけるようになりました。
特に自転と公転の話に興味を持ったようで、「今、太陽の位置はこの辺りかな。」と考えていたり、
クラシックを聴いている時に、「これはどこの国の曲?」と聞かれ、オーストリアに流れる河の曲だよ。とか、ナポレオンに攻められた時のロシアの曲だよ。と答えると、熱心に見ています。

[PR]
by kokoha-tesigoto | 2013-12-30 21:00 | 日々の暮らし
<< ひるがの高原スキー場 X’masストッキング >>