<< 日本フィル夏休みコンサート2014 がすてなーに >>

科学技術館

7月下旬。
朝起きてきた娘が、「また科学館みたいな所に行きたい。」と言うので、竹橋にある「科学技術館」に行きました。
新しくリニューアルしているブースがあり、古いブースとの差を感じました。古いブースは説明がない所もあり、もったいない。
娘が一番楽しかったのは、「建設館」だったそうです。(血筋かしら。)
「地震免震体験装置」は、体験前に、免震構造についての実験教室に参加したので、分かりやすかったそう。
「デジタル建設工房」は、何度も通ったことのあるアクアラインや、ランドマークタワー、瀬戸大橋、黒部ダムの建設を、ゲームをしながら学べるというもので、これは私も楽しかったです。
「チャレンジ タワークレーン」は、タワークレーンを操作し、ボールをバケットで掴んで、ゴールまで運ぶゲームで、これは二人でケンカをしながらも、結構いい成績を取れました。
一番混んでいた所は、科学技術が実現する、スマートなくらしを体験する「NEDO‐Future Scope」でした。
その中でも行列が出来ていたのは、「スマートコミュニティを取材せよ!」で、調べた結果をまとめて新聞が発行されるのですが、新聞を作ることに一生懸命で、内容が頭に入っているかは謎でした。
最後に、タイルにマジックで絵を描いて、UV塗装をして焼いて、マグネットを付ける手作り教室に参加しました。
ランチは地下の「パークレストラン」に行きましたが、新しくなっていてきれいでした。
習い事があったので、足早に見て回りましたが、もう少し娘が大きくなったら、楽しめるブースが増えていくと思います。

[PR]
by kokoha-tesigoto | 2014-08-03 22:00 | おでかけ
<< 日本フィル夏休みコンサート2014 がすてなーに >>