<< マドレーヌと、ヒヤシンス ホテルのビーチ >>

やちむんの里と、旅の終わり

沖縄滞在3日目の午後。
ホテルのビュッフェでランチを済ませて、読谷村にある「やちむんの里」へ。
ここは十数軒の焼き物の工房があります。
a0211315_22434331.jpg
a0211315_2244346.jpg
a0211315_22442314.jpg

旅に出る前から、ここでのお買い物を楽しみにしていましたが、
柄や色がいいなと思っても、形やサイズが気に入らなかったりで、結局見つからず。
手作りのものは出会いですね。やっぱり。
色やサイズが気に入ったシーサーがあったので、旅に記念にと、母とお揃いで購入しました。
工房の奥にあったご自宅が沖縄らしくて、素敵だったのでパチリ。
a0211315_22565495.jpg

次は、恩納村にある琉球ガラスのギャラリーに向かいましたが、こちらも気に入ったものが
見つからず。
お店に伺えば見つかると思っていましたが、ちゃんとリサーチしていかないと駄目ですね。
一旦ホテルに戻り、娘が夕食はまたまた沖縄そばを食べたいというので、
万座にある「なかむらそば」に行きました。

ホテルに戻ったら、月曜に台風17号が東京に上陸するので、千代田区の学校が休校を決めた
という報道を見て、果たして日曜に那覇から飛行機は飛ぶのかと心配になり、なかなか寝付けず。

沖縄滞在4日目。
夜中から、すごい強風~。
母と、「もし日曜(明日)に飛行機が飛ばなくて、月曜は羽田の離発着はできなそうだし、
そしたら帰るのが火曜になるかもしれない。」という話になり、「ホテルで缶詰めになったり、
空港で待機するのは娘がかわいそうだから、念のために今日帰ろう。」という結論になりました。
JTBやJALと連絡を取るのに手間取り、11時過ぎにホテルを出発。
外に出ると、大きなトランクが、風で宙に浮いてびっくり。
レンタカー屋さんを経由して、14時過ぎの飛行機に乗ることが出来ました。
途中、飛行機が揺れて、生きた心地がしませんでしたが、娘は笑っていました。

翌日曜日。
本来乗る予定だった飛行機は、数十分遅れたものの無事飛んでいました。揺れたのではないかしら。
1泊分お金が無駄になってしまったけれど、旅の終わりがスムーズに終わって良かったです。
今回の旅は、娘メインで始まりましたが、終わってみると、母に喜んで貰ったことが、
私の中で一番嬉しかったです。少しは親孝行出来たかな。
母、娘、孫娘、三代元気で、旅行に行けたことに感謝しなくてはいけないですね。
快く送り出してくれた夫にも感謝です。
[PR]
by kokoha-tesigoto | 2014-10-08 22:00 | おでかけ
<< マドレーヌと、ヒヤシンス ホテルのビーチ >>