<< こども科学センター・ハチラボ 9月の畑仕事(2回目) >>

TEPIA 先端技術館

10月初め
都民の日は、じいじ、ばあばと一緒に外苑前にある「TEPIA」に行きました。
娘が最初に熱心に見ていたのは、ER技術。
a0211315_1522925.jpg

娘が一番楽しんでいたのは、TV画面に私達の姿が映って、その周りにロボットが映って、
私達の動きに合わせて飛んだり跳ねたりして、ロボット達と実際に遊ぶことができるもの。
あと熱心に遊んでいたのは、ポリマー加工された素材で、砂のような感触で遊べて、
センサーで地形や高低差を読み取り、カラフルな画像や、季節の昆虫の画像を映し出すもの。
a0211315_15223760.jpg

人の吐き出す息で住宅を浮かせて地震から家を守る技術や、
魔法使いのように、指の動きで家電が動いたりと、とにかく沢山の展示がありました。
スタッフの方が分かりやすく説明してくれたので、難しそうな技術でも
身近に感じることが出来ました。
一番盛り上がったのは、入口にあった年齢と性別を判別するセンサーカメラ。
イベント会場などで、来場者を分析するのに使用されるそう。
じいじは20歳若く判別されて大喜び。私も28歳に判別され嬉しかったです。
ばあばも14歳若く判別されるも、なぜか男性。髪が短いからかしら。
娘は10歳ふけた18歳に判別され、怒っていました。
大人も子供も楽しめました。また行きたいです。
[PR]
by kokoha-tesigoto | 2015-10-04 22:00 | おでかけ
<< こども科学センター・ハチラボ 9月の畑仕事(2回目) >>