<   2012年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

PERZYのスノードーム

一昨年のX'masに、サンタさんから娘に届いたプレゼントはスノードムでした。
オーストリアのパージー社のもので、1点1点が手作り。
アルプスの天然水を使用しているので、長い時間、雪が舞っているそうです。
中に入っているものも、1番シンプルなツリーにしました。
娘が大人になっても、そばに置いておけるデザインだと思います。
a0211315_0365353.jpg

一昨年は、娘が幼稚園に入園した年で、幼稚園でサンタさんのことを
教えてもらったようだったので、初めてプレゼントを用意しました。
クリスマスの朝、起きて来た娘に、「サンタさん来た? 枕元にプレゼントあった?」と聞くと、
システムを知らない娘はきょとんとした顔をして、枕元を見に行き、
プレゼントを見つけて、嬉しそうに開け始めました。
クリスマスが終わっても、娘のキッチンの1番上の棚に飾られたまま、
しまわれることなく、1年間飾られています。
私も時々、舞い散る雪をぽけ~っと眺めて、癒されています。
[PR]
by kokoha-tesigoto | 2012-01-25 00:45 | 日々の暮らし | Comments(0)

木製オルゴール

昨年末のことになってしまいますが、サンタさんから娘に届いたプレゼントは
木製のオルゴールでした。
クリスマスは、子供がほしいものをあげる日ではないと思っているので、
何ヶ月も前から、何をプレゼントしようかと考えていました。
一時的なおもちゃではなく、大人になっても、そばに置いておけるものを考えて、
クリスマスがモチーフの木製のオルゴールに決めました。
でも実際に目にしたことはなく、あくまでも私のイメージだったので、
存在するのかしら。と思いながら、代官山の「クリスマスカンパニー」に向かいました。
イメージに合うものは見つからず、今度は高輪の「プリンツヒェンガルテン」に向かいました。
そこでイメージ通りのオルゴールを見つけました。
お値段はイメージとは違っていたのですが(笑)、年に1度のことだから。と
自分に言い聞かせて購入しました。
a0211315_23583647.jpg

ドイツの工房で、手作りされたものだそうです。
オルゴールの曲が流れると、列車が乗っているオレンジの台が回ります。

クリスマスの朝、枕元にプレゼントを見つけた娘は、とても喜んでいました。
もう1月も終わりに差し掛かっていますが、娘は今でも飾っていて、
時々、音を鳴らしています。
私も、大人になってから、オルゴールを聞く機会がなかったので、懐かしく聞いています。
[PR]
by kokoha-tesigoto | 2012-01-25 00:24 | 日々の暮らし | Comments(2)

相模湖のイルミネーション☆

年末、横浜に帰省した折に、相模湖プレジャーフォレストのイルミネーションを見に行きました。
(私が子供の頃は、相模湖ピクニックランドという名前でした。)
関東最大のイルミネーションだそうです。
a0211315_0333547.jpg

こちらはオーロラだそうです。遊園地の乗り物をうまく使っています。
a0211315_035184.jpg

このお城に中に入ると、音楽に合わせてイルミネーションが変わります。
a0211315_0343392.jpg

a0211315_0472573.jpg

2年前に、日本最大のイルミネーションという、三重県の「なばなの里」に行ったので、
なばなの里にはかなわないなぁと思いましたが、
でもその時、3歳だった娘は、暗くなるのを待っている間に寝てしまい、
イルミネーションを全く見なかったので、今回はとても楽しんでいました。
幻想的な世界をお散歩し、私もいい気分転換になりました。
[PR]
by kokoha-tesigoto | 2012-01-19 00:59 | おでかけ | Comments(4)

リネンのルームシューズ入れ

先月に作ったルームシューズ入れ。
大好きな紫のリネンで作りました。
a0211315_0423674.jpg

ひもの部分には、ゴールドや、ピンクのサテンリボンを。
ポイント部分には、ゴールドの王冠のグリッターや、
母に作って貰ったゴールドのレース編みを付けました。
[PR]
by kokoha-tesigoto | 2012-01-16 23:00 | もの作り

奈良・くるみの木

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

クリスマスの翌日から、私の地元の横浜へ行き、その後は夫の実家のある愛知県へ行き、
奈良、京都へも足を延ばしました。11日間、約1400kmの旅でした。
色々なものを見て、沢山の方々との出会いがあり、娘にとっても、いい経験になったのではないかと
思います。

奈良では、何年も前から行きたかった「くるみの木」に立ち寄りました。
a0211315_071464.jpg

看板は三谷龍二さん作。
a0211315_0121684.jpg

到着したのはランチが始まる30分前でしたが、既に沢山の人が待っていて、
入店出来たのは13時半でした。
娘とお庭で、赤く色づいた葉っぱや、木の実を拾ったり、ZAKKA cageでお買い物をしたり、
暖房のきいた待合室で、ku:nelのバックナンバーをよみふけったりして過しました。
a0211315_0124149.jpg

初春ランチは想像していた以上のおいしさでした。
ボリュームもあったので、タルトを食べることが出来ず残念でしたが、
長年の夢が叶って嬉しかったです♪
[PR]
by kokoha-tesigoto | 2012-01-09 22:00 | おでかけ | Comments(0)

奈良・東大寺の大仏

「くるみの木」を出た後は、娘に大きな大仏を見せたいと思い、東大寺に向かいました。
a0211315_035154.jpg
a0211315_0363369.jpg

娘は、「夜になったら動くのかな。」と、少し心配している様子でした。
私は中学校の修学旅行で訪れて以来、25年ぶりでしたが、こんなに大きなものを作った昔の人は
すごい。と、改めて思いました。
a0211315_0384655.jpg

娘が喜んだのは大仏ではなく、シカさんでした。
[PR]
by kokoha-tesigoto | 2012-01-09 22:00 | おでかけ | Comments(0)

京都・金閣寺

京都に泊まって、朝1番に訪れたのは、世界遺産の金閣寺でした。
雪がちらつく、どんよりしたお天気でしたが、金閣寺は光輝いていました。
成金は好きではないですが、見る者を圧倒する存在感はすごいと思います。
a0211315_122530.jpg

[PR]
by kokoha-tesigoto | 2012-01-09 22:00 | おでかけ | Comments(0)

京都・ねねの小径

金閣寺を出た後は、夫が以前勤めていた会社の先輩の平山さんのお宅に伺いました。
平山さんご夫妻は、横浜から京都に移住されて、おしゃれな京町家にお住まいです。
長い玄関のたたきを通って、吹き抜けのLDKがあり、その奥には裏庭があって、
急な階段を上った2階には、吹き抜けと繋がる窓がありました。
実際に町家に入るのは初めてで、見るのに一生懸命だったので、
写真を撮らせて頂くのをすっかり忘れてしまいました。残念です。

平山さんご夫婦にガイドをお願いして次に向かったのは、ねねの小径です。
秀吉の妻、北の政所ねねに、ゆかりの深い高台寺が近いことから、こう呼ばれているそうです。
a0211315_1201026.jpg

この雰囲気がいいです。金沢を思い出しました。
[PR]
by kokoha-tesigoto | 2012-01-09 22:00 | おでかけ

京都・高台寺、圓徳院

当初の予定にはありませんでしたが、折角来たのだからと、高台寺も見学しました。
高台寺は、秀吉の没後、菩提を弔うために、ねねが開いたお寺です。
家康が多大な財政的援助を行ったので、寺観は壮麗きわめたそうです。
a0211315_14039100.jpg

かわいらしい茶席。
a0211315_141866.jpg

廃材の瓦を使って、今年の干支の龍がディスプレイされていました。
a0211315_1483891.jpg

龍の背に似ていることから臥龍廊と名付けられたそう。

ねねの住居の圓徳院にも立ち寄りました。
伏見城から移してきた北庭。枯山水です。
a0211315_1554984.jpg

この庭を、ねねも眺めていたんだと思うと、不思議な感じがします。
(私の頭の中では、ねね=大竹しのぶさんです。大河ドラマの見すぎですね(笑)
[PR]
by kokoha-tesigoto | 2012-01-09 22:00 | おでかけ | Comments(0)

京都・水路閣

ねねの小径の後は、サスペンスドラマで何度も観たことがある水路閣へ行きました。
人里離れた所にあるのかと思っていましたが、南禅寺の境内にあったので、少し驚きました。
a0211315_2114198.jpg

大小13ある橋脚。美しいアーチです。
a0211315_21217.jpg

水路閣の上には、琵琶湖からの水が流れています。
a0211315_2122497.jpg

南禅寺の門は、上に上れるようになっていて、お寺よりも存在感がありました。
a0211315_2125359.jpg

[PR]
by kokoha-tesigoto | 2012-01-09 22:00 | おでかけ | Comments(0)