<   2015年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

子供部屋工事③黒板塗料

12月に入ると、木工事も大方終わったため、私と娘も手伝えるようになりました。
窓枠など木部を白く塗装。
黒板塗料も塗りました。これは娘がお手伝い。
耐久性を考えて油性にしたため、すごい臭いー!
数日間、日中は窓を開けていましたが、寒くてダウンコートを着ていました。
冬に塗るのはおすすめ出来ないかな。外出も出来ないし。
1週間後、娘に、書いてもいいよ。と言うと、算数や国語について書いていました。
黒板と言えば授業だと思っているみたい。
夫が書いたオラフで、落書きしていいんだ!ってことに気がついたようです。
a0211315_2344837.jpg

黒板は、娘が希望した7歳のお誕生日プレゼント。
1年1ヶ月遅れのプレゼントとなりました。
[PR]
by kokoha-tesigoto | 2015-05-31 22:00 | home

子供部屋工事②壁造作

10月に入り、壁の下地作りましたが、間違えたー!と言って解体し、また作り直していました。
今まで無かった所に棒が出来て、私が毎日何回も頭をぶつけるため、バンダナで目印。
a0211315_15251661.jpg

3週間に渡って手こずっていたのが配線工事。
11月に入り、壁とロフトを造作。
入口の右にある、一番大きな窓は、娘の希望で下端の枠を少し出っ張るように作りました。
お店屋さんごっこをするためだそうです。
早速、カフェごっこや、雑貨屋さんごっこをしていました。
(私が子供の頃は、カフェという言葉もなかったなあ。)
a0211315_15453913.jpg

ロフトの柱を持ち上げるのを手伝いましたが、すごい重くて大変でした。
a0211315_15461311.jpg

ダウンライトやスポットライトもあわせて取付。
我が家は全て白熱灯ですが、子供部屋なので、子供の目のことを考えて仕方なくLEDに。
外側の壁も造作。
a0211315_15513625.jpg

向かって左側にキッチンがあるのですが、「ロフトから、キッチンにいるお母さんが見たい。」
という娘の希望で、造った壁を壊して、1つしかなかった窓を2つにしました。
外側の壁の下地を上ってロフトに上がって遊んでいましたが、壁が出来て上がれなくなったため、
はしごを作りました。
a0211315_15573883.jpg

[PR]
by kokoha-tesigoto | 2015-05-30 22:00 | home

子供部屋工事①解体

昨年7月からスタートし、今年2月に完成した子供部屋。
子供部屋を作り直そうと思ったのは、一昨年の10月。
リフォーム番組を見た、当時7歳直前だった娘が、「7歳のお誕生日プレゼントは、
壁一面の黒板がいいな。」と言ったことが始まりでした。
最初は夫と、どこの壁に黒板塗料を塗ろうかと話していましたが、
小3になったら個室を与えたいねという話になり、子供部屋を作り直すことになりました。
子供部屋の件よりも先に話が出ていた玄関クロークの工事のプランも併せて、
暖かくなるのを待ちつつプランを考え、図面を引き、5月から玄関クロークの工事を開始。
子供部屋は7月からスタート。
まず初めに、3枚引き戸を撤去。
a0211315_1447401.jpg

その建具を玄関クロークに再利用するので、その後、数週間は玄関の工事をしました。
300角タイル2枚分、600mm、子供部屋を小さくするため、8月に入って、壁と床を撤去。
床は丸ノコでカット。(しかもキャンプに行く日の朝に・・・。)
a0211315_14542974.jpg

9月は、午前中はホームセンターに材料を買いに行って、午後は昼寝。という感じで
全く進まず。(疲れているのは分かっていますが・・・。)
[PR]
by kokoha-tesigoto | 2015-05-29 22:00 | home

玄関クローク工事

夫の若い時からの趣味であるキャンプやスキーを、今は家族で楽しんでいますが、
大量の道具の収納が長年の悩みの種。
押し入れや天袋、クローゼット、ベランダの物置などに工夫して収納していましたが、
出かける時は家中から出さないといけないので大変。忘れ物もよくしていました。
そこで、玄関すぐの所にクロークを作ることにしました。
図面をおこし、昨年5月にスタート。
まずは棚作り。靴やキャンプ用品、スキー道具、スキーの板のサイズに合わせて棚を造作。
次は玄関収納の撤去。
6月に入り、壁の解体と、夫の部屋のドアの撤去。
a0211315_1240402.jpg

7月に、娘の部屋で使用していた3枚引き戸を解体、加工して、クローク入口に取付。
a0211315_12422840.jpg

この後、翌年2月まで、娘の部屋の工事をしていたので、細かい箇所を残しつつ
クローク工事は中断。
冬になり、スキーに行ったのですが、荷物がすぐに運び出せてとても快適でした。
以前の夫の部屋のドアは、玄関方向に開かないドアだったため、ドアを開けて道具を廊下に出し、
一旦ドアを閉めないと玄関に行けませんでした。
3枚引き戸にしたので開口も広くとれ、引き戸を開けると玄関に3畳以上の空間が出来るので
帰宅した時もどんどん荷物が置けて、とても楽でした。
2月になり、残っていた壁を造作し、3月にクロスを貼ってやっと完成しました。
a0211315_1133140.jpg

[PR]
by kokoha-tesigoto | 2015-05-28 22:00 | home

5月の畑仕事(2回目)

5月の下旬。
農業体験PJのワークデーに行きました。
雨の予報でしたが、いいお天気に。
今日のメニュー。
a0211315_16189.jpg

まずは、玉ねぎ、にんじん、空豆、小松菜、キャベツを収穫。
玉ねぎが植わっていた所を耕して、ミニトマトを植えて、支柱を立てました。
雑草を取っていると、今年初めてのカエル君が登場し、子供達は大喜び。
カエル君は、おっとりした性格のようで、逃がしてあげても、すぐに娘に捕まっていました。
目を閉じて、あくびをしているような顔がとてもかわいかったです。
a0211315_22425562.jpg

娘達の姿が見えないなあ。と思ったら、ハーブ畑の奥で、ワイルドストロベリーを
パクパクと食べていました。
a0211315_22472536.jpg

ランチ後は、咲き終わった薔薇の花の部分と、病気になっている葉の部分をカット。
バンバン切ったので、スカスカになってしまいました。元気になるといいなあ。
(帰宅したら、薔薇の棘で、腕が傷だらけでした。)
終了後に、収穫した野菜をみんなで分けました。
a0211315_22522683.jpg

夕食に、野菜色々スープと、茹でた空豆、小松菜のお浸しを食べました。
採れたては、やっぱりおいしい! 幸せ~♡
[PR]
by kokoha-tesigoto | 2015-05-27 22:00 | 自然の中へ

子供部屋・before ②

リビングとの間には3枚引き戸を採用。
キッチン側の壁にはスリットガラスを入れて、窓のないキッチンに光が通るようにしました。
a0211315_0333362.jpg

照明が均一に3枚引き戸に当たるように、引き戸の上にはリネストラランプを設置。
a0211315_0383590.jpg

部屋自体が行燈、光の箱になるようにしました。
a0211315_0401950.jpg

リビングの照明を全て消して、光の箱の照明をつけると、いい雰囲気。
(ちなみにリビングは元和室。)
a0211315_0421631.jpg

おいしくお酒が飲めるねーと話していましたが、改装終了間近に、
娘がお腹の中にいることが判明し、お酒は飲めなかったような・・・。
そして、ゲストルームとして使うつもりが、子供部屋として使うことになったのでした。
7か月間、家の中をスニーカーで過ごしていましたが、
妊娠が判明し、大慌てで工事を終了させました。7か月間こんな感じでした。懐かしい!
a0211315_0551955.jpg

[PR]
by kokoha-tesigoto | 2015-05-26 22:00 | home

子供部屋・before ①

5月中旬に、私にとっての大仕事が終わり、やっと子供部屋について、まとめる気になりました。
まずはBeforeから。
子供部屋は、以前は廊下から入る洋室でした。(手前の部屋。奥は寝室)
a0211315_010251.jpg

本棚や、大きな製図用のドラフター(懐かしい!)を置き、2年間、書斎として使っていましたが、
リビングを改装するのを機に、リビングと一体に使えて、ゲストルームとしても使える部屋にしよう
ということで工事をスタート。
まずは寝室との間に押し入れを造作。日曜大工なので、押し入れを作るのに2か月かかったような。
a0211315_012773.jpg

夫の希望で内装は和。
無垢の床材を張り、押し入れの扉は建具屋さんに依頼。
部屋だった部分に押し入れを作ったため、窓の部分はこのように造作。
a0211315_0164193.jpg

押し入れの把手も手作り。
a0211315_0241524.jpg

[PR]
by kokoha-tesigoto | 2015-05-25 22:00 | home

5月の畑仕事(1回目)

5月の上旬。
汗ばむようなお天気。
朝から娘の単発の習い事が千駄ヶ谷であったため、ランチの時間から農業体験PJに行きました。
今日のメニュー。
a0211315_15421246.jpg

スナップエンドウ、小松菜、ニンジン、玉ねぎ、なめくじいっぱいキャベツ、大量のミント、
ワイルドストロベリーが収穫されていました。
キャベツはピリッと辛めでした。
アップルミントティーがおいしかったです。
ランチ後、畑に行くと、薔薇が沢山咲いていました。
a0211315_1544258.jpg

サツマイモ、落花生が植えられいて、枝豆とショウガも植えました。
前回、種まきしたお花が、少し芽を出していました。
娘とお友達で、薔薇の花壇にも花の種を蒔いて貰いました。
最近の畑は野菜の種類が多く、正直、覚えきれていません。
a0211315_15545167.jpg

夕食は、テーブルに飾った薔薇を見ながら、畑の野菜たっぷりのスープを食べました。
にんじんの葉っぱがおいしかったです。
[PR]
by kokoha-tesigoto | 2015-05-13 22:00 | 自然の中へ

伊豆河津 足湯巡り

キャンプに行った際に立ち寄った4つの足湯。
1つ目に行ったのは「大噴湯公園の足湯処」。
ここは峰温泉大噴湯公園内にあり、足湯に浸かりながら大噴湯の噴き上げを見ることができます。
何十分かおきにお湯が噴き出してくるので、その時間までタマゴを温めて待つことに。
a0211315_1448154.jpg

予定時間ぴったりに噴き上げてきました。熱いのかと思いきや、お水でした。
何十mも噴き上がって落ちてくるので、大粒の雨が降ってきたような感じでした。
その下を走り回っていた子供達はずぶ濡れ。
足湯は新しくてきれいだったのですが、お湯の温度が熱くて、娘は入れませんでした。
a0211315_14481951.jpg

2つ目に行ったのは、「河津三郎の足湯処」。
看板もパーキングもなく、見付けにくかったです。
屋根がなく、雨でシートが濡れていたので足だけ入れましたが、かなり熱くて、慌てて出ました。
河津川沿いにあり、桜を見ながら入るために作らているので、桜の季節は最高だと思います。
a0211315_150481.jpg

3つ目に行ったのは、「さくらの足湯処」。
看板が見つけられませんでしたが、運よく到着。
川沿いの笹原公園という、小さいけれど比較的新しい公園内にありました。
東屋の入口で靴を脱ぎ、下足入れに靴をしまってから建物内に中に入るのですが、
外国の方には分かりにくいようで、ちゃんとやっている人と、そうでない人がいたり、
座る所を濡れた足で歩く子供がいたりと、そこはちょっと不満。
でも、足湯の床に色とりどりの石が埋め込まれいて足ざわりがよく、
お湯も適温で気持ちが良かったです。一番長湯をした足湯でした。
a0211315_15152876.jpg

4つ目、最後に行ったのは、「豊泉の足湯処」。
ここも川沿いでした。
先客に地元のおばあちゃん達がいて、どこの病院がいいとか、遠くの病院に行っているとか、
そんな話をしているのを聞いていたら、ゆったりした気持ちになりました。
a0211315_15215248.jpg

[PR]
by kokoha-tesigoto | 2015-05-09 22:00 | 自然の中へ

ACN伊豆キャンパーズビレッジ

5月のGWは、2泊3日でキャンプへ。
今年初めてのキャンプは、キャンプでは初めての伊豆に行きました。
場所は河津にある「ACN伊豆キャンパーズビレッジ
8時に出発し、渋滞に巻き込まれ、到着したのは15時過ぎ。
こんな所にキャンプ場があるの?と不安になるほど山奥にありました。
夕食のメニューは、飯盒で炊いたご飯と、珍しくBBQ。

2日目。
翌朝、起きると、今にも雨が降り出しそうな空模様。
ハムチーズのホットサンドを食べて、「大噴湯公園の足湯処」へ。
次に、河津海岸へ。
a0211315_065075.jpg

夫はカニや、ヤドカリ、アメフラシを捕まえるのに夢中。
娘は砂のお城作り。私は流木や、貝、シーグラス探しに夢中になっていました。
a0211315_055458.jpg

a0211315_062034.jpg

突然の土砂降りに遭い、海鮮丼を食べに「どんぶりや」さんへ。
海鮮もおいしかったけれど、ご飯がすごいおいしかったー!
娘が、河津の足湯4か所を全て周りたいと言うので、「河津三郎の足湯処」、
「さくらの足湯処」、「豊泉の足湯処」の順番で周り、キャンプ場へ。
夕方から本降りに。
夕食は、パエリア、豚汁、飯盒で炊いたご飯を作りました。

3日目。
ピザのホットサンドを食べて、撤収作業へ。
相変わらずのビリかと思いきや、我が家よりも遅いご家族がいらして、ビリにならず。珍しい・・・。
キャンプ場をチェックアウトした後は、娘が行きたがっていた「踊り子温泉会館」へ。
広々していて、掃除も行き届いていて、いい温泉でした。桜の時期は最高でしょうね。
敷地内にあるお蕎麦屋さんで、ランチをして、帰路へ。
帰りは東名ではなく、箱根経由でドライブしながら帰りました。
芦ノ湖と、一人でお散歩していたヤギさん。
a0211315_23551639.jpg

a0211315_23564096.jpg

娘は箱根は初めて。今度、箱根に来ようねと約束しました。
(翌朝、箱根山の噴火警戒レベルのニュースを見てびっくりしました。)
[PR]
by kokoha-tesigoto | 2015-05-08 22:00 | 自然の中へ