タグ:おでかけ・滋賀、三重 ( 4 ) タグの人気記事

伊吹山の高山植物

8月中旬。
琵琶湖に行った翌日はお墓参りに行き、夜は海津温泉へ。その翌日は伊吹山に向かいました。
娘は小さな頃から植物に興味があり、小学生になったら伊吹山の高山植物を見せたいと
思っていましたが、毎年、雨で行くことが出来ず、3年目でやっと行くことが出来ました。
折角なので、自由研究を兼ねて探索することにしました。
伊吹山は滋賀県で一番大きな山で、標高1377m。
山頂付近のお花畑は天然記念物に指定されていて、植物は約1300種類あり、
その内、薬草は約280種類あります。

到着したものの、一面の霧。
娘は植物図鑑を片手に、熱心に調べながら進んでいました。
伊吹山を代表する花「シモツケソウ」
a0211315_23285448.jpg

私が一番気に入った花「クサフジ」
a0211315_2330277.jpg

山頂に到着。霧で殆ど見えず。気温は18度。寒ーい!
a0211315_2332665.jpg

昼食をとり、下山し始めると、ぱーっと霧が晴れたので、急いで山頂に戻りました。
上の写真と同じ場所から撮ったとは思えないです。
a0211315_23375689.jpg

数分でまた霧が立ちこめてしまいましたが、一瞬でも晴れて良かったです。
下りも観察を続けながら進みました。
見付けたお花は全部で24種類。いい自由研究が出来そうです。

夜は津島温泉の「湯楽」に行きました。3日連続の温泉。幸せ♡
[PR]
by kokoha-tesigoto | 2015-08-17 22:00 | おでかけ

琵琶湖で湖水浴 2015

8月中旬。
夫の実家のある愛知県に帰省しました。
娘も大きくなったこともあり、今年は初めて夜に向かうことに。
ガソリンスタンドに行ったり、夫の水着を取りに戻ったりで、結局、夜9時に出発。
海老名での休憩後は、私と娘は熟睡。
途中、9台の玉突き事故で渋滞したそうで、夜中3時に実家に到着。
天気予報によると、滞在期間中、唯一お天気なのが到着した日だったため、4時間ほど寝て、
琵琶湖に向かいました。
娘は毎年、琵琶湖に行くのを楽しみにしています。
a0211315_23312976.jpg

水際で砂に、(ストローのような)口をさしているちょうちょがいました。
人に慣れているのか、私の足元でも全然平気な様子。ちょうちょも喉が渇くのかな。
a0211315_23361682.jpg

娘は沖の方まで泳いでいました。
あとはビーチボールで遊んだり、スイカ割りをしたり、カイトを揚げたりして遊んでいました。
その後は、南濃温泉「水晶の湯」に入って帰りました。
[PR]
by kokoha-tesigoto | 2015-08-14 22:00 | おでかけ

なばなの里☆イルミネーション

元旦に苗場から東京の自宅に戻り、翌日の2日は、8時間かけて、
夫の実家のある愛知に向かいました。
翌日の3日は、雪の降る中、三重県のなばなの里のイルミネーションを見に行きました。
3年前にも、なばなの里のイルミネーションを見に行きましたが、
娘は、暗くなるのを待っている間に、ベビーカーの中で寝てしまったので、初体験です。
早目に行ったのですが、すごい人で、遠くのパーキングに停めて、
シャトルバスで会場に入りました。
a0211315_16573156.jpg

a0211315_1658687.jpg

a0211315_16583642.jpg

音楽に合わせて、イルミネーションが変わって行く場所があるのですが、
技術が発達し過ぎて、イルミネーションというより、大きな画面を見ているようでした。
でも、日本一と言われるイルミネーションだけのことはありました。
娘もとても楽しんでいました。
a0211315_16591933.jpg

鏡池もきれいでした。
a0211315_16595956.jpg

[PR]
by kokoha-tesigoto | 2013-01-11 21:30 | おでかけ

滋賀県 長浜・季の雲(ときのくも)

琵琶湖に湖水浴に行きました。
琵琶湖は今年で3年目。
海と違ってクラゲがいないし、海水ではないのでベタベタしないし、ヒリヒリもしません。
お水はきれいで、においもないので、シャワーが必要なく、
そのせいか、海の家もないので、景観がすっきりしています。
a0211315_0433173.jpg

去年までの娘は、浮き輪につかまり、夫に引っ張って貰っていましたが、
今年は浮き輪につかまり、バタ足でどんどん沖に行くようになっていました。

その後、長浜まで足を延ばし、「季の雲」に立ち寄りました。
a0211315_0523320.jpg

安藤雅信さん、花岡隆さん、赤木明登さんなど、沢山の有名な作家さんの作品が展示されている中で、
目に止まって、目を離すことが出来なかった作家さんがいました。
青木良太さんです。
a0211315_151937.jpg

色、フォルム、薄さ、手触り、全てが初めて見たような感覚で、
私の好きなデザインではない作品も、目を離すことが出来ない。。。
夫も同じようなことを言っていたので、そうなんだと思います。
珍しいアンティークも色々あり、とても素敵なギャラリーでした。
[PR]
by kokoha-tesigoto | 2011-08-30 21:00 | おでかけ