<< 川口暮らふと 川越散歩 >>

稲刈りと、ペットボトルのロケット飛ばし

10月半ばのことですが、栃木にある、娘の幼稚園の山荘に行きました。
山の中はひんやりとしていて、もう少しで冬になるんだと感じました。

驚いたのは、いつもみんながレジャーシートを敷いてくつろいでいた平地が、
川になっていたことでした。
a0211315_23502756.jpg

9月末の台風は、この辺りでは40年ぶりの豪雨だったそうで、
こんな風に、環境や風景を一変させてしまう自然の強さを、改めて感じました。
(冬の山荘の閉鎖期間中に、重機を入れて元に戻すそうです。)

10月の山荘のテーマは、稲刈りと、ペットボトルのロケット飛ばしでした。
みんなで稲刈りを体験した後に、広い田んぼを使って、ペットボトルで作った
ロケットを飛ばします。
昨年は山荘に着いてからロケットを作り、あまり飛ばなかったので、
今年は優勝を狙い、夜中2時半までかかってロケットを作って行きました。
でも考えることは皆同じで、どこのパパも優勝を狙って一生懸命作って来ていて、力作揃い。
我が家が1等だったのはほんの一瞬で、最後は7、8番位だったように思います。
a0211315_053099.jpg

気がつくと、子供達はカエルやバッタを捕まえたりしていて、
大人達だけがロケット飛ばしに夢中になっていました。
園長先生が、「もう1時なので山荘に戻って、昼食にしますよー!」
と言っても、止めない大人達(笑)
放っていたら夕方までやっていたと思います。(私も含めて。)
前園長先生が、「大人が夢中になっている姿を見せることが、
子供にとっていいことなんですよ。」とおっしゃっていたことが印象的でした。

来年は幼稚園最後の年なので、優勝したいな♪
[PR]
by kokoha-tesigoto | 2011-10-31 22:00 | 自然の中へ | Comments(0)
<< 川口暮らふと 川越散歩 >>